作者別: yumiko koga

2019.11.24sun『ペンからつくる!ダイナミックグリーティング!withカリグラフィー』

大手門にある手紙洋品店・Linde cartonnageさんで定例開催の『手紙のじかん』

今回も、福岡でカリグラフィーといえば!のカリグラファー・初島さつきさん(スタジオポンテ主宰)をお迎えし、年末年始のグリーティングカードにふさわしい企画をご用意しました。

今回は、ペンから作ります!(2016年4月に開催したあの企画です)http://keitime.com/2016/04/28/164

このペンは、初島さんもご愛用のもの。身近なあの素材を使って作り、すぐに、書き味を試しながら微調整していきます。ペン作りはすぐに終わりますので、書く、描く時間をたっぷり楽しむ会になることでしょう。

1本のペンで、先端や、腹、角度など、使う部分を変えて、存分に楽しんでください。もちろん、作ったペンや余った材料もお持ち帰りください。

=======================

イベント詳細 ※持参物等、必ずご確認ください。

=======================

【開催日時】2019年11月24日(日)14:00-16:00

【場所】Linde cartonnage

【内容】

・ペン作り(2本のペンを作ります)

・早速書く、描く

・乾かしたら、好きな大きさに切ってお好みのカードにします。

※今回、ご用意する紙は、なんと!!

リンデでも定評のあったスペインの上質紙、ALPHA社のもの

(初島さんにも“贅沢すぎます”と言われちゃいました。)

【参加費】

3,500円(材料費込)

【持参物】※必ずご確認ください。

・インク(ご自身の好きなインクをお持ちください)

※気に入って購入したけれど、なかなか減らない、というインクなど、今回のドライブにうってつけです。

※インクをお持ちでない方は、会場のリンデさんでも、各種お求めいただけます。

・ペンをお持ち帰りになるためのバッグなど

【お申し込み】定員12名になり次第しめきり

予約フォームは先行して準備済みです→ http://keitime.com/evententry

リンデ店頭でも受け付けております。

【このイベントのお問い合わせ先】

info@keitime.com

09011937106

K代表・古賀

<<初島さんについて>>

カリグラフィーの教室兼、自身のアトリエ『スタヂオポンテ』主宰

アメリカでカリグラフィーに出会い、イギリスでブックバインディング(製本)を学ぶ、など、紙と文字、印刷にまつわることの造詣が深い、福岡では稀有な存在。

国外の著名なカリグラファーとの親交も深く、大学での講義、海外でのセミナー、ワークショップなど、講師活動も行う。

住まいである糸島の茅葺き古民家は、『銀河荘』でおなじみ。

自ら田畑を耕し、蒔をくべ、昔ながらの日本の暮らしを実践中。

文字のプロでもあり、食と農を楽しむ自然人でもあります。

スタヂオポンテHP→http://www.studioponte.com

銀河荘facebook→https://www.facebook.com/gingaso/  

<<会場リンデカルトナージュ・店主瀬口さんについて>>

現役の編集者。紙とペンとインクをこよなく愛する造詣が高じ、「手紙用品店」を営む。イタリアや、ベルギーなどへの海外買い付けで自身の目で選んだ様々なツールの他、オリジナルの紙ものが揃う。

初期からの活版印刷サービスに加え、RISOの孔版印刷、デザインサービスなどを行う『MARZINE PRESS』を新たに立ち上げ、編集、デザイン、印刷、などの総合サービスを充実させている。

毎月最終日曜に開催する『手紙のじかん』は、6年目を迎える会として定着。“書く”ことを楽しむコンテンツの提案を続けている。

Linde Cartonnage

11:00-20:00(変更あり)

HP→http://linde-cartonnage.com

電話(0927257745)

開催レポート2019.8.25『手紙のじかん』カリグラフィー基礎編

8月の『手紙のじかん』はカリグラフィー

ガイド役に初島さつきさん(スタヂオポンテ主宰)をお迎えし、これまでも好評いただいている“めくるめくカリグラフィーの世界”でした。

初心者の方にも、気軽にカリグラフィーの基礎、イタリック体を楽しんでいただける内容の久々の開催。

ご参加くださった皆様、初島さんありがとうございました。

まずは、初島さんが初心者の方向けに作成くださっているガイドシートを活用してデモンストレーション。

 

基本のイタリック体を書くための、リズム、角度に、手を慣らしていきます。

1段ずつ、基本のアルファベットの綴り方、文字のつなげ方を掴んでいきながら、いろんな例文を書き進めていきます。

 

まずは鉛筆でリズムを掴み、カリグラフィー用のペンとインクに切り替えます。

今回参加者の方も、真剣に集中して練習されていました。

一人一人をフォローしながら、書きたい言葉のお手本も個別にレクチャーして下さる初島さん。

文字に向き合う、贅沢な時間です。

最後はカードに清書をして今日の成果を。個性的な書体で書かれた古い文書とともに並べて、文字の個性を皆で鑑賞しあいます。

「個性の幅を広げるためには先ず基礎をしっかり」と初島さん。

初めての方も、素敵なイタリックでカードを彩って帰られました。

国内外のカリグラファーとも親交のある初島さん。

プロのカリグラファーから届いたエアメールも見せて下さいました。

こんな表書きだったら、ずっと取っておきたくなりますね。

この日の初島さんのお召し物も全体にカリグラフィー。文字やペンで自由に遊び、楽しんでいらっしゃるのが素敵でした。

Linde Cartonnageさんでのカリグラフィーの会は、2019年内はあと1回・11月24日(日)に開催予定です。

内容は少し遊びのある企画を予定しています。どうぞお楽しみに。

<<初島さんについて>>

カリグラフィーの教室兼、自身のアトリエ『スタヂオポンテ』主宰

アメリカでカリグラフィーに出会い、イギリスでブックバインディング(製本)を学ぶ、など、紙と文字、印刷にまつわることの造詣が深い、福岡では稀有な存在。

国外の著名なカリグラファーとの親交も深く、大学での講義、海外でのセミナー、ワークショップなど、講師活動も行う。

住まいである糸島の茅葺き古民家は、『銀河荘』でおなじみ。

自ら田畑を耕し、蒔をくべ、昔ながらの日本の暮らしを実践中。

文字のプロでもあり、食と農を楽しむ自然人でもあります。

スタヂオポンテHP→http://www.studioponte.com

銀河荘facebook→https://www.facebook.com/gingaso/

 

<<会場リンデカルトナージュ>>

手紙用品店

紙とペンとインクをこよなく愛する造詣が高じて2014年に開店。

店主がイタリアや、ベルギーなどへの海外買い付けで自身の目で選んだ様々なツールの他、オリジナルの紙もの、活版印刷サービスなど、独自の展開も充実。

店舗の物販営業の他、現役の編集者でもある店主のもと、「コモン編集部」、印刷サービス「MARGIN PRESS」の機能もある。

毎月最終日曜に開催する『手紙のじかん』は、5年を超える会として定着。“書く”ことを楽しむじかんの提案を続けている。

Linde Cartonnage

11:00-20:00(変更あり)

HP→http://linde-cartonnage.com

電話(0927257745)

 

2019.8.25sat「手紙のじかん」〜めくるめくカリグラフィーの世界・基礎編開催!

==>>お申し込み受付開始しました! http://keitime.com/evententry

カリグラフィーのガイド役に初島さつきさん(スタヂオポンテ主宰)をお迎えし、これまでも好評いただいている“めくるめくカリグラフィーの世界”

カリグラフィーの講座は、通常、習字であり、入門編だけ切り取った内容での開催、オリジナル作成資料の提供は、リンデさんでの特別開催となります。

昨年12月の開催から久しぶりのカリグラフィーの会となります。

「カリグラフィーに興味はあるけどなかなか学ぶ機会がなかった」という方も、この機会をぜひご活用ください。

【内容】

・基礎練習:「カリグラフィー基礎編 」※初島さんオリジナルの練習シート使用

※資料、ガイドシートは全てお持ち帰りいただけますので、以降も練習に活用いただけます。

※予め初島さん作成の例文をご準備します。

・清書:メッセージカードをカリグラフィーで2枚書いてみます

>>初心者の方…基本のイタリック編

>>2回目以降の方…フローリッシュに挑戦も良いかもしれません。

【日時】8月25日(日)14:00-16:00

【場所】Linde Cartonnage 店内にて

【お申し込み】定員15名になり次第しめきり

予約フォーム→ http://keitime.com/evententry

【参加費】3,300円(初島さんオリジナルの資料ガイドシート、紙、インク使用込み…当日お支払い)

【持参物】以下、当日、必要なものとなります。必ずご確認の上ご参加ください。

・ポインテッドペン、他、カリグラフィー用のペン

・バッグ、クリアファイルなど、資料をキレイにお持ち帰りいただくもの。

※ ペンをお持ちでない方へ→リンデさんでご購入いただけます。

 (ペン先+ペン軸で900円~)

※基礎編の参加ご経験者で、初島さんオリジナルのガイドシートをお持ちの方へ→

申し込みフォームに「ガイドシート持参」とご記入ください。

参加費は200円引かせていただきます。

【その他】

・店舗でもインクをご用意しておりますが、ご自身が使い慣れたインクがある方はご持参ください。

 

・この会では、予め初島さんにご準備いただいた例文のガイドシートをご用意し、参加者の皆さんで共通の例文練習をします。

 個人的にカリグラフィーワークをご依頼されてみたいという方は、会終了後に、初島さんの方までお気軽にお問い合わせください。

【このイベントのお問い合わせ先】

info@keitime.com

09011937106

K代表・古賀

過去の開催レポート⇨http://keitime.com/2018/01/05/630

===========

<<初島さんについて>>

カリグラフィーの教室兼、自身のアトリエ『スタヂオポンテ』主宰

アメリカでカリグラフィーに出会い、イギリスでブックバインディング(製本)を学ぶ、など、紙と文字、印刷にまつわることの造詣が深い、福岡では稀有な存在。

国外の著名なカリグラファーとの親交も深く、大学での講義、海外でのセミナー、ワークショップなど、講師活動も行う。

住まいである糸島の茅葺き古民家は、『銀河荘』でおなじみ。

自ら田畑を耕し、蒔をくべ、昔ながらの日本の暮らしを実践中。

文字のプロでもあり、食と農を楽しむ自然人でもあります。

スタヂオポンテHP→http://www.studioponte.com

銀河荘facebook→https://www.facebook.com/gingaso/  

<<会場リンデカルトナージュ・店主瀬口さんについて>>

現役の編集者。紙とペンとインクをこよなく愛する造詣が高じ、「手紙用品店」を営む。

イタリアや、ベルギーなどへの海外買い付けで自身の目で選んだ様々なツールの他、オリジナルの紙もの、活版印刷サービスなど、独自の展開も充実。

毎月最終日曜に開催する『手紙のじかん』は、5年を超える会として定着。“書く”ことを楽しむコンテンツの提案を続けている。

Linde Cartonnage

11:00-20:00(変更あり)

HP→http://linde-cartonnage.com

電話(0927257745)

過去の開催レポート:昨年2018年9月

http://keitime.com/2018/10/26/746

2019.7.28&7.27『旅するインクスタンド』出張カキモリインクスタンドin大手門

昨夏、好評を博したあの企画。

東京・蔵前にある『カキモリ』さんの『旅するインクスタンド』が、この夏も大手門にある“手紙専門店”リンデカルトナージュにやってきました。

ノートとペンとインクの提案で年々ファンを増やしている『カキモリ』さん。

オリジナルノート製作(福岡ではハイタイドストアさんで常設)も人気ですが、自分だけのオリジナルインクが作れる“インクスタンド”もインク好き、書物マニアの間では嬉しいサービスとして知られています。

今回は、カキモリさんのオリジナル商品のPOPUPを事前から開始。

『Linde Cartonnage』5周年を記念したオリジナルのインク“ヘレネブルー”も上品なブルーグレーが大人気。

より長い期間、出張期間を楽しんでいただけたようです。

さて、インク作り。今回は、蔵前の本店から、店長・菅原さんと、昨年に続いて杉田さんのお二人が出張くださいました。

インク調合の説明を一通り受けた後は自分で色づくりの検証です。

インクのブレンドチャートを見ながらベースカラーのイメージを整えます。サンプル例もあるので、割合や、ブレンドすることによる色調の変容もわかりやすい。

カキモリさんオリジナルのガラスペン(ドイツ・ラウシャ村製)を使って書き試し。このガラスペンも大変好評でした。

今回の『旅するインクスタンド』in福岡のは2日間で計12回、述べ48名にご参加いただきました。

生まれたインクは62本!(今回は、4本製作の方もいらっしゃいました!)

日頃より“書く”ことに親しんでおられる面々、隣り合わせた方とも書き物談義で和気藹々。とてもいい光景でした。

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

 今回登場した、このライナー。3mm,5mm,ブラシ、マーカー、4つのタイプのペン。好きなインクを、中の芯に吸わせてオリジナルのカラーペンが作れるもの。使い切りですが、お互いのインクの交換に使ったり、ご自身のお気に入りインクをプレゼントするのにもとても重宝、とあって大人気でした。

暑い中のお出かけ、ありがとうございました。

東京に行かれる際には、ぜひ蔵前の町歩きも合わせて、カキモリさんにもお出かけください。

Linde Cartonnage

HP→http://linde-cartonnage.com

電話(0927257745)

●カキモリ●

http://kakimori.com

●カキモリインクスタンド●

http://inkstand.jp

開催レポート『CLEANINGDAY FUKUOKA vol.7』2019.6.1&2

「福岡でつくるアップサイクルデイズ!」をテーマに開催する7回目!

近い将来、いろんな方が、いろんな場所で、いろんなカタチのクリーニングデイを開催する街=福岡になることを夢見て、毎回違う場所で違う要素を取り入れながら開催しています。そんなわけで、今回は初の西区でした!

今回のテーマは、ペイントでアップサイクル!

イギリスの上質な塗料FARROW&BALL(以下、F&B) の代理店であり、日頃からペイントの施工や、DIYサポートをされている KifuLさんの提案で実現した今回の企画。予想以上の方がペイント体験に来てくださってビックリしました。

①持ち込み品をペイント

ペイントしたいものを持ち込んで、F&Bでペイント。塗る前の下準備やマスキングなども含め、塗り方にも勉強になったというペイント初体験の方も。

思った以上の出来栄え(=生まれ変わり)にみなさん大喜びで帰って行かれるのが印象的でした。

②土人形の絵付け体験(筑前津屋崎人形巧房)

『筑前津屋崎人形巧房』さんの協力で、わけあって素のままのお人形たちにF&Bで絵付け。通常イベントでされているのは「モマ笛」ですが、このクリーニングデイでは、それ以外の多種多様な人形が集まるとあって、大人にも子供にも大人気でした。(みなさんの作品の写真の一部をクリーニングデイ福岡のFacebookページのアルバムに保存しています)

※参加者(大人)の方の絵付け作品。それぞれ津屋崎のアイコンである「モマ」を取り入れたかわいいお人形に。

③<<軒先リアカー研究所>>の皆さんと、“アップサイクル”を楽しむ。

会場のインテリアショップ『KifuL』さんを中心に展開する、<<軒先リアカー研究所>>のメンバーが集合しました。

<<軒先リヤカー研究所>> とは??

小商い始めるならリアカーで。屋台文化が根付く福岡で、もっとリヤカーを活躍させよう!というプロジェクト。

<<軒先リアカー研究所>>メンバーのみなさん

『MATERIAL MARKET』

福岡を拠点としている「素材」のセレクトショップ。工場などから出る端材や廃材の中から、「素材」として価値のあるものをハンティングし販売しています。

今回も、焼き物工場や、紙、木工、ガラス、など、モノ作りの現場から面白いものが集まっていました。

「何に使ったら楽しいかな?便利かな?」が人によって違うのが面白いところ。

『おむすびひばり』さん

<<軒先リヤカー>>での営業スタイルを日々体現するおむすび屋さん

今回は、1号機と、2号機がスタンバイ。

寝かせ玄米で作る具も楽しいおむすびが子供たちにも大人気でした。

西区にひばりさんが出張とあって、おむすび目当てで来てくださった方も。

1号機には、『オーガニックおやつ研究所』さんのおやつを並べてみたり!

         

オーダーカーテンのや、ドイツの日用品メーカー「レデッカー」の代理店でも知られるKifuLさん。

お店の品揃えは圧巻です。当日はお得な販売もありました。

 

愉快な『軒先リヤカー研究所』のメンバーの皆さんと、あっというまの2日間でした!

西区でもアップサイクルの輪がどんどん広がりますように!

次回のクリーニングデイ福岡vol8のテーマは『アップサイクル手芸のじかん』

場所は検討中。あなたの街におじゃまするかもしれません!

=========================

【このイベントの問い合わせ先】

クリーニングデイ福岡 古賀

cleaningdayfuk@gmail.com

【情報更新】

「cleaningdayfukuoka」のTwitter、Instagram、Facebookにて、随時、更新していきます

【クリーニングデイとは】

クリーニングデイは、フィンランドが発祥のリサイクルカルチャーイベントです。アップサイクル」をテーマに、フィンランドと日本で拡大中!本国ではで4,500以上の開催実績がある人気イベント。 日本開催にあたっては、 クリーニングデイジャパン事務局が、情報共有や各地での開催実績などを発信しています。ご興味のある方は、ぜひご自身でも開催してみてください。

申請方法や詳細はクリーニングデイジャパン事務局公式HPにて

http://cleaningday.jp