5/27(日)『手紙のじかん』インク交換会vo2〜 Let’s be “INK” friend!

手紙用品店『Linde Cartonnage』で毎月開催している、『手紙のじかん』

昨年11月に開催して好評だった「インク交換会」!!アンコールにお答えして、第二弾! 再開催です!

  

【内容】
・「インク」の自己紹介…ご持参いただいたインクの紹介をしていただきます
・好きなインクを3種選びます。
※1つのインクごとに、採取は3本までとします。人気が集中した場合はじゃんけん勝負優先で。
・インクを採取したミニボトルに、手に入れた色でラベルを作って貼ります

【日時】5月27日(日)14:00-16:00
【場所】Linde Cartonnage 店内にて
【お申し込み】定員15名になり次第しめきり
予約フォーム→ http://keitime.com/evententry
※インクをお持ちの方は、どなたでも参加できます。
 
【参加費】2,500円(スポイト付きミニボトル×3本付き(お好みのインクを3種持ち帰っていただけます。)
【持参物】
・ご自身がお持ちのインク(1本〜3本)
 
※ 1つのインクから、ミニボトル3本分=約15mlほどを、他のご参加者に分けることになりますのでご了承の上お持ちください。(ボトル1本=約5ml)
・お持ち帰り用のバッグ、などは各自ご用意ください。
【このイベントのお問い合わせ先】
info@keitime.com
09011937106
K代表・古賀

【メッセージ】
日本製を皮切りに、フランスやドイツ、イタリア、さらにはイギリス、ポーランドと 取扱いの品番が日増しに充実するなかで、それぞれの“インク”をお持ちのお客様から、 「好みの色をちょっとずつ使えたらいいのにな」という声をいただく中でリンデは考えました。 自分が欲しい色を“交換する”という発想。 つまり、インク好きが集まれば、ユニークなインク交換の場がつくれる!と。
 
万年筆やガラスペンを愛するすべての人に贈る
物々交換ならぬ “色々交換” !これひらめき! 
あの人やこの人が所有する“十人十色”のインクを持ち寄れば、 なかなかユニーク、かつ、おもしろいインクを目にできるチャンス到来! 
あなたの参加が、誰かの喜びに。
誰かのインクで、あなたも幸せに。 
さあ、いつものインクを片手に、新しいインクを入手しませんか?
Let’s be “INK” friend! 
みなさん、どうぞご一緒に!
<<会場リンデカルトナージュ・店主瀬口さんについて>>
現役の編集者でありながら、紙とペンとインクをこよなく愛する造詣が高じて、「手紙用品店」を営む。
イタリアや、ベルギーなどへの海外買い付けで自身の目で選んだ様々なツールの他、オリジナルの紙もの、活版印刷サービスなど、独自の展開も充実。
毎月最終日曜に開催する『手紙のじかん』は、3年を超えて、“書く”ことを楽しむ提案の会として定着しています。
電話(0927257745)

5/26.27.28開催決定!クリーニングデイ福岡 vol5〜福岡でつくる!アップサイクルデイズ!

2018年も、フィンランドと日本の同時開催日を軸に、3日間開催します。

5月も、いろんな方のご協力のおかげで「アップサイクル」を体感できる楽しいイベントになりそうです。

どなたもお気軽に、マーケット、ワークショップにご参加ください。

予約不要。入場料不要です。

 

【日程】2018年5月 26(土)、27(日)、28(月)

【開催時間】10:00-18:00(3日間とも同じです)

【場所】HIGHTIDE STORE (福岡市中央区白金1-8-28)

最寄り駅「薬院」地下鉄、西鉄

【内容】

「cleaningdayfukuoka」のTwitter、Instagram、Facebookにて、随時、情報を更新していきます。

【3日間のスケジュール】

5/26(土) 5/27(日) 5/28(月)

UPCYCLE MARKET 物販(3日間共通)

・コーヒー器具やグッズのアップサイクルマーケット(Click Coffee Works)

・間伐材、端板などの木

・ハギレ

・アップサイクルなグッズ販売

UPCYCLE WORKSHOP (日によって内容が変わります)

5/26(土)10-18時(最終受付17時)

刷工場から出た紙片と、箔押しの端材を使ったワーク

(マテリアルマーケット)

5/27 (日)11-17時(最終受付16時)

断裁紙を使ったワーク

切り絵:サトウアキコ(美術家)

貼り箱:ババリョウコ(はこつくり)

5/28(月)11-17時(最終受付16時)

アップサイクル手芸:ハギレでミノムシ(そのふぃりあうーにか)

缶バッジ作り:RANDOM inc

5/27(日)&28(月)11-17時(最終受付16時)

ペイント提供(FARROW&BALL by KifuL)

KINO5108(糸島の森林を守る、間伐材を使ったプロダクト)

土人形の絵付け体験(筑前津屋崎人形巧房)

・当日は出店者の方の商品や、作品も販売します

・全てのワークはご予約不要です

・開催時間内でお好きなときにお越しください。

・お子様が挑戦できるものもあります、ぜひご一緒に。

【その他・お願い】

※エコバッグのご持参にご協力ください

※会場には、駐車スペースはございません。近隣のパーキングなどをご利用ください。

 

【参考情報】

前回のvol4開催レポート

【このイベントの問い合わせ先】

クリーニングデイ福岡 古賀

cleaningdayfuk@gmail.com

【参考情報】

協賛: 株式会社カリタ https://www.kalita.co.jp

会場協力:ハイタイドストア http://hightide.co.jp/shop/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出店者さま

Kiful http://www.kiful.com

5/27&28(日&月)

英国塗料FARROW&BALLを使って、土人形やKINO5108へのペイントサポート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

27&28 (土日)土人形絵付け体験

筑前津屋崎人形巧房 http://tsuyazaki-ningyo.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

印刷工場から出た紙と箔押しの端材を使ったワーク

Material Market https://www.material-market.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5/27(日)キリガミでつくるギフトカード

サトウアキコ

https://www.instagram.com/satohakikooo/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大人気の貼り箱ワークショップ!!

ババリョウコ

https://www.instagram.com/babaryoko_work/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハギレを使ってフリーダムな手芸。今回はミノムシを作ります

そのふぃりあうーにか

https://www.instagram.com/sonofigliau_nica/

缶バッジ作り

福岡の楽しいデザイン会社 RANDOM

https://random-product.com

開催レポート 2018.3.25『手紙のじかん』切り絵を贈る〜サトウアキコとキリガミじかん

今日はこんな感じの「キリガミ」

ガイド役は美術家のサトウアキコさん。

動物の擬人化を得意とする作風がなんともユニークです。

材料や、道具は、サトウさんが日頃使われているものを揃えていただきました。

見本としてお持ちいただいた作品。

今回は、切り抜いた形を活かして、2つの切り絵を作る方法を教えていただきました。

紙の特徴を活かして、いろんなものからキリガミ。

ご参加の方は、紙好きな方が多い、「これからますます紙が捨てられないーー」

サトウさんが好きな本を参考にお持ちくださいました。

動物の表情って豊かで面白いですね。

皆さんの作品。雑誌のフォントや、広告などを活かして楽しいカードができました。

暑中見舞いや、グリーティングカードなど、これからいろいろ活かせそうですね。

 

 

 

サトウさんの作品です。

これでも、一部とのこと。。圧巻。一部だけ、リンデさんでもお取り扱いがあります。

リンデさんからのお城の眺め、今年も桜、絶景です。

福岡城周辺も桜に彩られています。3月中が見頃、といったところでしょうか。

お城散策も気持ちのよい時期、4月末はリンデさんでも新たな展示と展開が始まります。

ぜひまたお出かけください。

【会場のLinde cartonnage】
 
福岡県福岡市中央区大手門1丁目8−11サンフルノビル2F
HP → http://linde-cartonnage.com
【今回のガイド役プロフィール】
サトウアキコ(akiko satoh)
美術家
福岡県出身
 
「 キリガミ」で表現する動物の擬人化を得意とする。
平面、立体、表現の枠にとらわれず
言葉に代わって想いが届けられるものを製作中
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2000年 九州芸術工科大学(現 九州大学)工業設計学科卒業
2013年1月 モーネ工房 切り抜き通信寺小屋4期にて「キリガミ」という手法に出会う
2014年12月 通信寺小屋履修後、「雲」「植物」「動物」などのモチーフで切り絵製作を開始。
2017年10月 生活造形コース10期履修
【展示、製作活動】
2015年11月… ART CIRCLE2015 参加 作品展 @slow 
2016年9月…キリガミドウブツ展(個展)  @モーネ工房
2017年12月… 福岡市営地下鉄 福大前駅にて マナー啓発ポスターに 「キリガミドウブツ」起用
2018年2月 無印良品キャナルシティ博多店 
『つながる市』出店
2018年2月… 『ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION ANIMAL アニマル』/佐川ヤスコ著
動物作品集に参加。
※参考:『モーネ寺子屋』
2007年に京都で始まり10期続いたグラフィック工芸コース
グラフィック工芸家の井上由季子とプロダクトデザイナーのseiken工作所による寺子屋形態のプログラム

2018.3.25 『手紙のじかん』切り絵を贈る・サトウアキコとキリガミじかん

  

3月は新しいガイド役をお迎えします!

キリガミ」美術家サトウアキコさんです!

“書く”や、“描く”が苦手な方も、“切る”ならば!!

表情豊かな動物たちを贈ってみませんか

================

【日時】3月25日(日)14:00-16:00

【場所】Linde cartonnage店内にて

福岡県福岡市中央区大手門1丁目8−11サンフルノビル2F
【参加費】3,500円(材料込み)
【内容】
ご自身の好きな動物を切って、2つのカードを作ります。
サトウさんが予め、いくつかの動物のキリガミサンプルを作ってガイドしてくださいますので、絵が苦手、という方も大丈夫です。
作ったものをコピーすれば、オリジナルのポストカードをいろんな方にプレゼントできますね。
【持参物】 
⬜︎ハサミ(いくつか予備もございますが、ご自身の使いやすいものをぜひご持参ください)

⬜︎使ってみたい紙があるという方はお持ちください(基本の紙はご用意していますので、あくまで任意です)

・好きな柄の紙、雑誌の切り抜きなど(アルファベットが多いもの)

【定員】12名さま

【ご予約】
KのHPより専用のお申し込みフォームhttp://keitime.com/evententry
または、リンデ店頭orお電話にて(0927257745)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
【このイベントのお問い合わせ先】
K代表 古賀
【ガイド役プロフィール】

サトウアキコ(akiko satoh)

美術家

福岡県出身

「 キリガミ」で表現する動物の擬人化を得意とする。

平面、立体、表現の枠にとらわれず

言葉に代わって想いが届けられるものを製作中

2000年 九州芸術工科大学(現 九州大学)工業設計学科卒業

2013年1月 モーネ工房 切り抜き通信寺小屋4期にて「キリガミ」という手法に出会う

2014年12月 通信寺小屋履修後、「雲」「植物」「動物」などのモチーフで切り絵製作を開始。

2017年10月 生活造形コース10期履修

【展示、製作活動】

2015年11月… ART CIRCLE2015 参加 作品展 @slow

2016年9月…キリガミドウブツ展(個展)  @モーネ工房

2017年12月… 福岡市営地下鉄 福大前駅にて マナー啓発ポスターに 「キリガミドウブツ」起用

2018年2月 無印良品キャナルシティ博多店

『つながる市』出店

2018年2月… 『ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION ANIMAL アニマル』/佐川ヤスコ著
動物作品集に参加。

※参考:『モーネ寺子屋』

2007年に京都で始まり10期続いたグラフィック工芸コース

グラフィック工芸家の井上由季子とプロダクトデザイナーのseiken工作所による寺子屋形態のプログラム

2018.2.25開催レポートと3月予告『手紙のじかん』ブックバインディング

2月の『手紙のじかん』は、カリグラフィーのガイド役でおなじみ、初島さつきさんの「ブックバインディング=製本」の引き出しを開けていただきました。

初島さんに製本のガイドをお願いするのは、リンデさんではこれが4回目になるでしょうか。

カリグラファーがブックバインディングのスキルを持つことは、ごく自然なこととか。初島さんは、イギリスでブックバインディングを学ばれました。

       

これまでも、ハードカバーの本格的なもの、背縫いが少し複雑なもの…、それぞれ皆様に頑張って、楽しんでいただきました。

今回は、もう少しシンプルなブック。これなら、比較的気軽にブックをたくさん作れそう。そんな方法を教えていただきました。

初島さん、この日は大島で(襷も大島!!)きりっとした和装も、ご参加の方にはおなじみですね。

道具も、身近にあるもので、十分に出来る方法です。

皆さん、どんどん手が進みます。

今回は、スクラップブックとしても使っていただくという趣向で、後ろに封筒のポケットがついているのです。

旅やお出かけ先に持っていって、可愛いお菓子の包みや旅券などの思い出をスクラップするのではどうでしょう?

<封筒>昨年、リンデさんがベルギーで工場を訪れてお取り引きが始まった、アントワープの<le typographe>社の、かなりしっかりした素材。スリットがあるので、中のものがこぼれる心配もありません。

<カバー>リンデさんで定番のお取り扱いがあるイタリアの紙です。こちらは、予めA4サイズになっているもの。

中の紙は、今回はケント紙を使用しました。

 

お城跡を望む窓際に、皆さんのブックが集合しました。

紙、紐、ボタン、テイストを吟味して作られたそれぞれオリジナルのブックたち。これからどんな旅にお供するんでしょうか。いってらっしゃい〜。

終わってからも、皆で<紙>を囲んで談義。

実は、次回のガイド役のサトウアキコさんが、今回のWSに参加して下さっていたのです。

皆で作品を見せていただきました。

どれもこれも可笑しみに溢れていて楽しい作品ばかり。

さて、次回は、“描かない”『手紙のじかん』

“切る”がメインになりそうです。

3月25日(日曜日)14:00-16:00

『手紙のじかん切り絵を贈る・サトウアキコとキリガミじかん

お申し込み開始しております。

http://keitime.com/evententry